すっぽんの生き血の効果

すっぽんの生き血は効く!といいますが、実際どのような効果があるのかは不明だと思います。すっぽんの生き血がどのような効果を発揮するのかについてご紹介します。

 

すっぽんの生き血に含まれる成分

 

血液

すっぽんの生き血にはヘム鉄といって人間の赤血球の成分になるミネラルが豊富に含まれています。

 

鉄だけではなく、酵素やアミノ酸、亜鉛やナトリウム、カリウムなど他のミネラルも豊富に含まれており、貧血を速やかに改善させるという効果を持ちます。

 

漢方では生き血は最高のエネルギー薬

 

漢方では生き血というのは最高のエネルギー薬としての役割があります。元気もなく食事も食べられないという状態で、生命エネルギーが著しく低くなっている時に、生き血を飲ませることにより速やかに回復させることが出来るとされています。

 

牛肉なども生のまま食べた方が栄養価が格段に高いといいますが、すっぽんも同様のことがいえるようです。

 

とはいっても、衛生には注意が必要

すっぽんの生き血が効果的といっても、病原菌などが混入する怒れがあるのでむやみやたらと摂取するのはおすすめ出来ません。

 

生き血を摂取する時には、きちんと保健所の許可を得ている料理店にて衛生的に調理されたものを頂くようにしましょう。

 

性的パフォーマンスとの関係性

 

精力アップした人

よくすっぽんの生き血を飲むと性的パフォーマンスがアップするという言葉を耳にします。これは果たして本当なのでしょうか。

 

答えは本当だといえます。先ほども書いたように、すっぽんの生き血を飲むと、その豊富な栄養素と液体特有の速やかな吸収によって、すぐに性的パフォーマンスをアップ出来ます。

 

更に、鉄質を多く含むことから、血液の流動性が良くなり、陰茎への血液流入が良好になることも性的パフォーマンスをアップさせることに繋がります。

 

どれくらいのペースで飲んだ方がいいの?

 

いくら生き血が貧血改善や性的パフォーマンスをアップさせる妙薬といっても、毎日継続して飲み続けるものではありません。一度に大量に摂取しても腸がそれを吸収しないばかりか、体内組成の急激な変化は健康を損なう危険性が高くなります。

 

生き血を摂取する場合には週に一度程度とし、サプリメントなどで摂取する場合には用法容量通りの量にするようにします。

 

また、鉄は過剰に摂取すると臓器に沈着して鉄過剰症を引き起こします。なので、医療機関にて定期的に血液検査やフェリチンの値を検査して、過剰にならないように注意する必要があります。

 

特に肝臓が弱い人は鉄が体内に増える傾向にあるので注意するようにします。

 

現実的な貧血の改善法

 

貧血にすっぽんの生き血が有効であっても、それは現実的な改善法ではありません。

 

貧血の改善には

  • 薬局にて製品化されている商品や、病院から処方された薬を飲むこと
  • 普段の食事にてタンパク質をしっかり摂取すること

などが治療になります。

 

すっぽんは一時的な起爆剤として使うことが望ましいです。