妊娠中、授乳中のすっぽんの服用について

すっぽんは妊娠中や授乳中でも摂取して問題ありません。あくまでも薬ではなく、食品として摂取するものなので心配する必要はありません。

 

服用してもいいか

妊娠中の女性

結論から言うと、妊娠中・授乳中であっても服用してOKです。すっぽんは食品なので全く問題ありません。

 

妊娠中は食べ物としては毒性のあるものや、便秘改善作用のあるもの、血流改善作用のあるものなどは基本的に摂取しないほうがいいとされていますが、すっぽんはそれら作用はないので全く問題ありません。

 

妊娠中・授乳中においてのすっぽんの有効性

授乳中の女性

逆に、すっぽんは妊娠中、授乳中に有用だと考えられます。

 

なぜかというと、すっぽんには豊富なビタミン、ミネラル、タンパク質が含まれ、更に消化されてアミノ酸に変化するコラーゲンなどが豊富に含まれています。

 

これらの栄養素は胎児の成長に有効に作用すると共に、母体の健康にも繋がります。

 

また、授乳時に赤ちゃんの健康な成長の為には脂質が必須だといわれています。すっぽんには豊富な脂質が含まれているので、その面からも有効だといえます。

 

しかし、摂りすぎは注意

いいからといって同じものばかりを食べるのはおススメできません。なぜかというと、栄養が偏ると共に脂質やコラーゲンの摂りすぎになってしまうからです。

 

いくら健康にいいものでも適応量というものがあります。薬などもきちんとそれが定められているように、食品にも同じように適量というものがあります。

 

なので、すっぽんを摂取する時は、ほどほどの適量を摂取するように心がけるようにしましょう。

 

食事の栄養バランスが大事

 

基本的にはOKで胎児や赤ちゃんの成長に有効に働きますが、いいからといってそればかりを摂取するのではなく、バランスのとれた食事を基本として、足らない分を補足するといった感じで用いるようにするといいでしょう。