すっぽんの旬について

すっぽんを食べたいけどいったいいつが旬なの?と疑問に思っている方がいるかと思います。そのような方の為にすっぽんの旬についてご紹介したいと思います。

 

すっぽんの旬・食べごろは?

すっぽんというのは冬の寒い時期は冬眠します。冬眠の前には栄養をたっぷりとため込んで冬眠に備えるため、冬眠前の8〜9月頃が「一番おいしい旬の時期」ということになります。

 

天然もののすっぽんは水温が15℃以下になると水中深くもぐり冬眠に入りますので、その前に捕えるようにします。

 

今は養殖が主流

すっぽんを食べたい人

先ほどご紹介したのは天然もののすっぽんを食す場合ですが、実際料理屋さんで出されるすっぽんの多くは安定供給できる養殖もののすっぽんです。

 

養殖もののすっぽんは食べごろというものはありません。いつでも自分が食べたいと思った時が旬ということになります。

 

どのような時に効果を発揮するのか

養殖ものの場合は、自分が食べたい時がすっぽんの食べ時ということになります。いつ食べるのが一番すっぽんのパワーを実感することが出来るのかというと、体力の低下を実感する時です。

 

体力が低下している人

  • 夏バテ
  • 仕事が忙しい時
  • 冬の寒さで体力が低下した時
  • 運動の前後
  • 病気の後(風邪を引いた後など)
  • 食事のバランスが乱れている時
  • 寝不足が続いている時

などで、特に精を付けたいと思った時に効果を発揮します。

 

食用とされているすっぽんの種類について

 

すっぽんには非常に沢山の種類があり、世界中には約24種類のすっぽんが生息しているとされています。その中でたった2種類のすっぽんだけが食用として利用されています。

 

食用として利用されているのが「キョウトクスッポン」と「シナスッポン」になります。日本で食用として使われているすっぽんのほとんどは養殖ものであり、天然ものは中国などから輸入されています。